パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    歯医者は日本に限る。

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      一日に2個もブログを更新しているコメ・ニコラです。

      そんなことなら、もっとマメに更新した方が…。

       

      で、歯医者です。

      あちこちにアポがあって大忙しなところに、もう一つアポが追加されました。

       

      そもそもの発端は、去年の7月に遡ります。

      1年に1度の検診のアポを入れたら、予約が10月初旬になりました。

      えーっ!、ですが、混んでいる歯医者&バカンスの時期が重なったので仕方がない

      とのこと。

       

      さて、10月に行きましたら、まぁ緊急ではありませんが治した方が良いです、

      というところがあったので、治療に…入りますが、11月末からとのこと。

      さらに、えーっ!なぜすぐに治療に入らないのか、良く理解できません。

       

      その10月と11月のアポの間に、別な歯が痛み始めました。

      11月末のアポに行って、かくかくしかじか、と説明すると

      「うーん、悪い時に痛くなったね。ノエルの前だから今から治療はできないね」

      というわけで、次回のアポは3月に!

      それまでに、我慢できないほど痛くなったら薬を飲みなさいと、処方箋を書いて終わり。

       

      その後、年が明けた1月に、痛かった歯の詰め物がぽろっと取れたのです!

      うわー、こりゃダメだ。

       

      というわけで、今まで行っていた歯医者ではラチがあかないので、

      その後のアポを全てキャンセルしてもらって、清算し

      (フランスでは、治療の最後にまとめてお金を払うのです)、

      別な歯医者にアポを入れました。

       

      別な歯医者はネットで探して予約。

      すぐ翌週にアポが取れました。

       

      取れた詰め物には穴が開いていて、そこから色々しみていたことが判明。

      神経を殺して、新たに被せ物をすることに。

      治療は計4回で終了。

      2月には終わりました。

       

      前のはちょっと歯の表面を覆う程度だったのに、

      今回のは、根元だけ残してあとはすっぽり銀歯で覆う形に

      (一番奥の歯だからよしとしました)。

      ちょっとやりすぎでは?日本の歯医者ならもっと小さく削って、

      歯を残すようにするだろうに…と思うわけですが

      自分で治療ができるわけではないので仕方がありません。

       

      が、その夜には、その被せ物が取れました。

      あり得ない!

       

      再び予約を取って、今度は前回よりもさらにたっぷりと接着剤をつけて終了。

       

      その一ヶ月後には、再び同じ被せ物が取れました。

      もう勘弁してほしい。

      このアポが詰まっているところにさらにアポを入れるなど…。

       

      というわけで今日行ってきたのですが、

      今回は接着剤を変えたそうです。

      「技術的には何の問題も無いのに、なぜかしら〜」

      (女医さんです)

       

      いや、きっと被せ物がきちんとできていなかったのですよ。

      隙間がありすぎなんですよ、と思うけれど、だまっていたコメ・ニコラ。

      これで390€とか、取りすぎなんじゃないかと思うわけですが。

      (一部は健康保険とミュチュエルから返金されます)

       

      日本では、被せ物をしたその日に落ちた、なんてことは起こらないし、

      1ヶ月で取れるなんてこともまず無い。

      しかも、この全部覆うという選択。

      日本よりも技術が劣っているのではと、しみじみ思うわけですが。

      すぐに予約が取れて、きちんと仕事してくれて、しかもフランスよりも安い、

      日本の歯医者さんに通いたいと、心の底から思うコメ・ニコラです。

       

                                                 

      -> Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
      コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

      twitter時々つぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

      twilogも始めまし た。
      twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

      ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

      フランスのこと | comments(6) | -