パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    マーク先生の「この期に及んで」攻撃

    0
      大変遅くなりましたが、新潟で地震で被害に会われた方々に
      心よりお見舞い申し上げます。
      毎晩、レイキでお祈りしております。
      一日も早い復興を。そして、もう大きな地震が来ませんように。

      スタージュもあと3日となりました。
      もう多分、ここのアトリエにスタージュには来ないかも…
      (と言いながら来る可能性もありますが。ニコラ師匠のところみたいに)
      というわけで、ライオンを仕上げるのに一生懸命なコメ・ニコラです。

      ところで、今日のマーク先生、お昼から帰ってきたら
      シャツのボタンが3番目だか4番目だかまであいてるんですけど。
      えーと、その暑いかもしれませんが、
      (パリはここ何日かで、やっと夏になりました)
      胸毛が見えてますけど。
      うーん、ちょっとその、いかがなものかと…。

      何だか快調にライオンを進めていたコメ・ニコラですが、
      午後マーク先生が突然
      「前足が短いから、足そう」と言い出したのです。

      はっ!???
      あの、もうワックスじゃなくて、金属になってるんですけど!??

      「ジュエリーと同じことだよ。変だと思ったら、直す」

      で、ですが、どうやってーー。

      「足を切って、そこにシルバーの板をロウ付けすればいいだけ。
      簡単だよ」

      って、あのー、もう2日と何時間かしかないんですけどー!!!

      ワックスの時も、もういいでしょ今度はOKでしょう、と
      持って行く度に、ここが良くない、今度はこっちが良くない、
      あ、前気付いていなかったけどやっぱりここがだめ、とか
      何度直されたことか。
      くー。マークせんせー。
      やっぱり、これって、100本ノックですかーーー。

      仕方なく、ライオンの前足をノコギリで切って、そこに板を足す
      コメ・ニコラ。
      いくら金属でできているからと言って、動物の形をしているものの
      足を切るのはやっぱり、気持ちがいいものではありません。
      切り口はすぱっとしてるけど、何だか生々しい。

      えんやこら作業をして、いつもは6時には上がっちゃうんだけれども、
      今日は7時半過ぎまでいたコメ・ニコラ。
      何とか手術は成功して、明日ははみ出した金属を削ればいいだけと
      なりました。

      「もう今日はライオンも休ませてやって」
      とマーク先生。えぇ、えぇ、その通り。大手術でしたからねぇ。

      あと2日で、まだしっぽをつけるという作業も残っているし、
      さらに丸カンもつけないと。
      えーと、終わり、ますよね!??


      スタージュ5 | comments(0) | -