パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    << ブルターニュの旅(24) 食道楽という名前のレストラン | ポワン・イデ展に参加します。 >>

    Japan Touch

    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン
       
      ブルターニュの旅をちょっとお休みして、今週末に行ってきた
      リヨンのJapan Touchの内容をお伝えします。

      3週間前に突如欠員が出たから、とのことで
      急遽参加することになったコメ・ニコラ。
      ともかく、できるだけの準備をして参加しました。
      今回は、ピエールにヘルプをお願いして、一緒にリヨンに行きました。

      土曜日朝4時半に起きて、6時57分のTGVに乗ってリヨンへ。
      リヨンは初めてだったのですが、何も見る時間もなく。
      9時に駅に着いて、会場には9時40分頃到着。
      販売者のバッジが用意できていなくて待つことしばし。
      10時から用意して、11時の開店には…間に合いませんでした!
      開店してからも準備は続行。

      何とか終わったところ。


      それにしても、ブースは思ったよりも小さくて、みちみちでした。

      リヨンのJapan Touchは、会場はもちろんパリのJapan Expoよりも小さいですが
      コスプレ熱は負けるとも劣らず。







      こんなに可愛い猫ちゃんも。3歳だそうです。



      お姉さん、可愛すぎです。



      クリエイターコーナーは、コンサート会場のすぐ脇だったので、
      音楽を聴きつつ、コスプレのコンテストを聞きながら、でした。

      三味線の大野敬正さん。



      何だかあっという間の二日間でした。
      販売に関しては、コメ・ニコラだけでなく、クリエイターコーナー全体が
      かなりの苦戦でした。日程が良くなかったようですが、
      こればかりはふたを開けてみないとわからず。
      初参加のコメ・ニコラには、どうすることもできず。

      ただ、すごく気に入って買ってくださった方がいたり、
      色々な出会いがあったりしました。
      反省や、改善点がいくつもあって、良い経験となりました。

      ピエールも、ものすごく助けてくれて、感謝、感謝。
      やっぱり来てもらって、よかったです。

      それにしても、デパートの宣伝部にいた時には、
      というか、去年の今頃ですら、
      今年まさかリヨンのJapan Touchに参加しているなんて
      思ってもみませんでした。

      それもこれも、去年ギャラリーの展示販売会に参加したことがきっかけで
      始まったこと。あれは、今から思えば転機だったのかもしれません。

      ちょっと芽が出たところですが、この芽を少し育ててみようと思っている
      コメ・ニコラ。これからも頑張らなくっちゃね。

                                                  

      Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
      コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

      ユーフォニーさんで、コメ・ニコラのリングを販売していただいてます♪

      twitterほぼ毎日何かしらつぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

      twilogも始めまし た。
      twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

      ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪


      展示販売会 | comments(0) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM