パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    << あの○チバトーが…。 | コインランドリーでハラハラ。 >>

    最近見た美術展

    0
      コメ・ニコラは今学校が2週間お休みに入っているのですが、
      毎日、さぼったり、お買い物したり、人に会ったり、作品作ったり…。
      何だかんだバタバタしているわけですが。

      1月に学校に来たエリザベートのおかげで、
      最近美術館に行くことが増えたコメ・ニコラ。
      彼女も美術館に行くのですが、一人だとどうしても億劫になって行かない。
      そこでコメ・ニコラを誘うのです。
      コメ・ニコラにしても、折角こんなに美術館が充実している街に住んでいなかがら
      きっかけがないとなかなか行かない。
      そうこうしているうちに、去年はグランパレ再開記念で開催していた
      エゴンシーレとクリムトの展覧会を見逃しました!
      全くねぇ…。いつでも行けると思うと、結構行かないんですよね。
      というわけで、エリザベートに感謝しつつ、自分でも美術館に行くことを
      習慣化しようと思うコメ・ニコラなのですが。

      最近見た中で良かった美術展を3つご紹介。

      1,モードと衣装博物館で開催中の「show time」
       (メトロ9番線でIENAで降りて、パレドトーキョーのちょうど裏側
        tel.01 56 52 86 00 show timeは2006年7月30日まで開催)

       これは、たまたま東京から来ていたコメ・ニコラのお友達
       プーミー・ミシェルさんがファッションの展覧会を見たい!
       と言ったことから探して行ったのでした。
       これには、プードル・マリアンヌさんのお力を借りました。
       服飾関係の学校に行ってるマリアンヌさんなら知ってるはず!
       と思ったら…大正解。色々教えてくれました。マリアンヌさんのお友達
       ラブリー・マチューも助けてくれたのです。ありがとう!

       展覧会は、いわゆるファッションショーをテーマにした展覧会です。
       1920年代にお客さまの前にお洋服を着てみせたマヌカンさんたちから
       始まって、つい去年(今年もあったっけ?)行われたショーの様子まで。
       様々なブランドのショーから、その裏側、招待状などなど、
       ずらーっと展示されています。
       展示方法も工夫がこらされていて、最後のコーナーはとっても面白かったです。
       しかも、コメ・ニコラが見たかった!と思っていた、ドリス・ウ゛ァン・
       ノッテンのショーもビデオで見られた♪
       不思議だったのは、ツモリ・チサトのリストが展示されていたのですが
       「パリもどし」というメモが書かれていたこと。これってどういうこと?
       それにしても、正に「たかが洋服、されど洋服」
       お洋服を見せることに、これだけ趣向を凝らすって、すごい!と
       改めてうなるコメ・ニコラでした。

      2、Hotel de Villeにて、「Paris au Cinema」
      (パリの市役所にて。日祝休。10時〜19時。無料。2006年6月30日まで)

       つい昨日行ったばっかりの展覧会。Bastilleのお友達の家に行く途中に
       寄りました。写真展かと思ったら、さにあらず。パリでロケした、
       またはパリを舞台にした映画を特集しているのです。
       しかもそれらの、映画黎明期の貴重なフィルムから、最近のフィルムまで
       少しずつ実際に上映しています!ビデオだけど!
       その量といったら、半端じゃないです。しかも、これが無料で見られる。
       パリ市ってば、太っ腹。
       一人一人にちっちゃな機械が渡されて、音楽や台詞が他の人に邪魔にならずに
       聞けるようになってるというのも、すごい。画面にもあってる!画期的!
       コメ・ニコラは、ヌーベルバーグが大好きでフランスに来たのが
       (あまりのギャップに幻滅したけど)一番最初だったのですが、
       その時の映画ももちろんありました。「天井桟敷の人々」もあれば、
       レオス・カラックスの映画もある(もう20年も前!)
       前にロランスのパーティの時に紹介した、「パリの確率」も紹介されてました。
       そして、最新2006年公開のアニメ(というかCG。モノクロで大変美しい)
       ルネッサンスまで。もう、ありとあらゆる映画が網羅されてる。
       映画大好きな人には、こたえられません。
       ただ、平日の朝一に行ったにも関わらず、入場まで10分ほど並び、
       入ったら入ったでとっても混んでました。できれば平日をお勧めします。

      3、グランパレで開催中「税関吏ルソー〜パリのジャングル〜展」
       (グランパレ10時〜20時。水曜日は22時まで。5月1日休。10ユーロ
        2006年6月19日まで)
       
       エアデール・テリア・キャティさんから、ルソー展が良かったという
       メールを頂き、その中でこのサイトが紹介されていました。
       思わず読んで涙ぐむコメ・ニコラ。
       人生の途中で方向転換して、批判され続けても自分のスタイルを
       変えなかったルソー。あぁ、大先輩だ…と思うコメ・ニコラ。
       元々ルソーは大好きなので、早速、今日見に行ってきました。
       美術館に着いたのは、10時半頃でしたが並んではいませんでした。
       でも列を仕切るためのテープが出ていたので、土日はきっと混むに
       違いありません。中も子供たちや、おじいちゃんとか、おばあちゃんで混雑。
       ここは13歳以下の子供は無料です!こーんなに素敵な展覧会を小さい頃から
       見られるフランス人の子供はシアワセですねぇ。
       でも、展示されていた、ライオンがシカにかぶりついている剥製を見て、
       「こ、こわいーーー」と本気で泣いて後ずさりしている3歳ぐらいの男子
       がいましたよ。そりゃ、お母さんが、本物だけど死んでるのよ、と言っても
       死んでること自体が理解できないよねぇ。おまけに、すごい迫力だったし。
       この展覧会では、ルソーの絵だけではなくて、
       その時代背景や、当時の資料など、いかにルソーが
       この「ジャングル」というスタイルに辿り着いたかを展示していて
       とても興味深かったです。
       思わず、コメ・ニコラも、ジュエリー作りのリソースにしちゃおうかと
       思ったぐらい!いや、しちゃうかも!リング「ルソー」。
       見かけたら、笑ってやってください。
       それにしても、ルソーの色使いの素晴らしいこと。
       光の色、空の色、葉っぱの緑、木の実の赤、血の色…、それらのバランスに
       うっとり。コメ・ニコラには新しい発見でした。

       フランスの美術展では、ちゃんとしたカタログの他に
       映画のパンフレットのようなジャーナルを出しています。
       カタログも7ユーロだから日本より安いけど、ジャーナルなら3.5ユーロ!
       ルソーのは、混み混みの手前のレジのすぐ脇に置いてありました。
       7ユーロをやめて、3.5ユーロに即変更!

       お昼はカフェテリアでサンドイッチが5、とか6ユーロだったのでやめて
       メトロの駅の中で3.5ユーロのサンドイッチを買って、
       美術館前のベンチで食べました。
       パリは今日は23度まで気温が上がってお天気もよかったし、
       美術館前のちっちゃなお花畑にはチューリップや三色すみれが咲いていて
       可愛かった。中のカフェテリアで頂くより素敵!

      皆様も、パリにいらっしゃることがあったら、ぜひぜひ
      美術館巡りをしてくださいませませ。
      美術展・その他 | comments(5) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        Posted by プードル・マリアンヌ  at 2006/04/22 5:51 AM
        美術館に行きたい!病が復活してます。昔は時間があると一人で
        美術館にこもるのが好きだった。。
        Hotel de Ville,毎回魅力的な企画展をしていますよね!毎回建物前の行列にびっくりして、いまだに入ったことがないのですが、時間を見つけて是非是非行ってみたいです。
        そう、Show Timeもいまだに行けず。。クラスメイトのAnne-Laureと行こうとチャレンジしてお互い忙しく2回延期になってしまいました。7月末までには絶対行くぞ。
        ラブリーマチューとはFondation Mona Bismark (34,av NY 75016)で開かれているBalenciaga展に行こうと言い続けて、早1ヶ月。来週こそ実現することを祈って。5月20日まで、そして無料です。
        明後日は最終日のSmoking ( Fondation Pierre Berge YSL)に行こうと気合いを入れています!コメニコラ様、興味があったらご連絡くださ〜い。
        Posted by Q9Q  at 2006/04/22 10:16 AM
        コメさま、パリではお世話になりました*
        2度目の待ち合わせがパリなんて、ふふふー、ステキでしたっ!
        日曜日、一緒に行ったTが、ファッション展に行ったらしいのですが、
        やっていなかったぁ・・・と言っていたんですけど、ちゃんと開催されていたんですね。
        きっと探しきれなかったのかな。
        雨で蚤の市を断念したので、私もそちらにおじゃまそればよかったわー・・・と
        コメさんの日記をみて思いました。
        パリは洋服も微妙なよい色がたくさんあって本当にステキ*
        見ているだけと思いつつ、うっかレジに洋服を持っていっていたりして、
        カード請求が恐いです(笑)
        本当にお世話になりましたー♪

        追伸:mixi、すでに活用なさっていますねー。凄い!
        Posted by コメ・ニコラ  at 2006/04/23 12:04 AM
        プードル・マリアンヌさん、Q9Qさん、ありがとうございます。

        プードル・マリアンヌさん、Balenciaga展、イキターイ。
        Smokingは残念行かれなさそう。明日は勉強会&お花見です。
        Show Time、こうなったら5月20日(土)の20時以降に行っては?
        その日は学生のdefileがあるので、20時以降はタダです。
        defileは21時から、22時から、23時からの3回です。
        私も行こうかと思っていますが。

        Q9Qさん、ファッション展やってなかった????
        私は日曜日に1度朝10時に行ったから、やってなかったはずは
        ないのですが…。うーん、残念。
        連絡頂けたら、その場にすっとんで行きましたのに…。
        レストランといい、美術展といい、情報が中途半端でしたね。ごめんなさい。
        私はパリの素敵なお洋服たちは横目で眺めて通り過ぎるだけです(泣)
        いつか心ゆくまで買い物ができるように、なるぞーーーー!
        mixi、何だかわからないうちに、巻き込まれてます(笑)
        紹介してくださって、ありがとう!
        Posted by Q9Q  at 2006/04/23 2:28 PM
        あらら・・・じゃあきっとTと同じ位の時間にコメさんもいらしていたんですね、ファッション展!
        レストランの件も私が近隣のrueの番地と間違えてブックマークをしてしまったので、
        気にしないでくださーい♪いつもそんな感じなので(笑)
        私は旅する時にざっくりとしか予定を決めず、偶然出会ったものを楽しむタイプなので、全然OKデス*

        気がついたら、今回20ユーロ以下の洋服しか買ってませんよ!殆ど古着屋かストックで購入です。
        でもそれ以上の価値はあるぞ!!!と自分に言いきかせてます(笑)
        ブティックに並んでいる洋服は結構高いですよねぇ。ステキだけど・・・
        Posted by コメ・ニコラ  at 2006/04/25 4:33 AM
        Q9Qさん、ありがとうございます。
        うわー。Q9Qさんてば、お買い物上手!!!
        20ユーロ以下のお洋服をみつけるのって、すごく難しいと思っていたのですが。
        私も今度古着屋さん&ストック屋さん回りをしますです。
        ブティックに並んでいる洋服は、「参考」です!きっぱり!
        皆さん、さぞかしお買い物が楽しいでしょうとおっしゃるのですが、
        とーんでもないっ。フランス人と一緒に倹約です(笑)

        COMMENT FORM




         

         

        TRACKBACK

        Trackback url: