パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    << マーク先生の「この期に及んで」攻撃 | マリッジリング2 >>

    さて、これからどうしよう。

    0
      今朝、マーク先生が来る前に、9月のスタージュ先に電話をしてみると…。
      「仕事をやめるかもしれん。まだわからんが、9月にまた電話して」
      とのこと。
      うわー。何てことだ。

      そこは、前のスタージュ先から紹介された、小さなアトリエです。
      確かにおじいちゃんぽい人と、その雇われ人のお兄ちゃんの二人で
      細々とやっている、うなぎの寝床のようなところだったのです、が。
      でも、それなりに繁盛はしている様子で、忙しそうだったし、
      お客さまが来ていたりしたのです。

      8月はバカンスで、学校もスタージュもないし、
      さらに9月も学校は月末までありません。
      それで、スタージュもないとなると…。
      これはいかん。
      と、慌てて、もう1軒電話。
      9月か10月のスタージュを探しているのですが、
      と言うと、早速来週の月曜日に面接となりました。
      やれやれ。

      マーク先生は9月からはアトリエに3日しか来なくなるし、
      ここで就職できる見込みもないので、ここのスタージュは
      今回で最後にするつもりでいたコメ・ニコラ。

      マーク先生には昨日ジュンク堂で探しておいた
      「根付け」の写真集をプレゼントしました。
      本当にお世話になりました、の気持ちをこめて。

      さて、例のライオンですが、結局終わらず。
      まぁ、コメ・ニコラの全ての作業が遅いからですけれども。
      でも、大分進んだことは進んだので、仕上げは家で夏休み中に
      終わりたいと思います。

      ガスパールは相変わらず、イジワルを言ったり。
      かと思うと、コメ・ニコラがやっていることを見ていて、
      ピンポイントでアドバイスをくれたり。
      フランス語のプチレッスンをしてくれたり。

      わけわからないことを突然言い出したりするので、
      思わず「不思議の国のアリス」みたいだ、ここは、
      と言ったら、通じました。
      フランス語にも翻訳されているのですね。当たり前だけど。

      全く、フランス人の弟ができたみたいで、
      楽しかったんだけどなぁ。

      さて、後片付けも終わって、マーク先生と一言二言会話。
      「お金、稼がないと」と、言われて、あぁ全くその通りと思い。
      だが、どうやって。

      「学費が高いのはよく知ってるよ」
      マーク先生は、BJOで先生をしてらっしゃいましたからね。

      マーク先生もその昔教えてもらったというアトリエで、
      コメ・ニコラもスタージュをしたいのですが…と言ってみたら
      「うーん、やめた方がいいと思う。
      あそこは、本当に仕事をさせるし、まだ君の道具の使い方じゃ
      困ったことになると思うよ」とのこと。

      そうだよなぁ、と、思い。
      とりあえずお礼を言って、マーク先生のアトリエを後にしたコメ・ニコラ。
      つらつらと、色々なことを考えるわけですが。

      何だか最近、コメ・ニコラの周りがどんどん変化してきているのを
      感じます。なぜだかわかりません。もしかしたら、周期的なことで、
      パリでそろそろ丸2年になろうとしているので、変化が起きるのは
      当たり前のことなのかも、とも思いますが。

      ただ。これはやっぱり、コメ・ニコラ自身が岐路に立たされている、
      ということかもしれない…という風にも感じます。

      以前よりは大分上手にはなったとは言え、マーク先生が懸念するように
      アトリエでばりばり仕事ができるレベルに達してはいない。
      スタージュではお金が稼げるわけではないし、学費も高い。
      ユーロ高で、生活費も厳しい。フランス語もまだまだ完璧とは言えない。

      来週の火曜日に、滞在許可証の更新に行く予定なのですが、
      もしかして、更新せずに日本に帰った方がいい??
      とも思ったりもするわけです。

      その反面、こんな中途半端な状態で日本に帰っても、
      それはそれで仕事がみつかるかどうかもわからない。
      しかも、コメ・ニコラが作りたいフランスのような、
      ふっくらしたジュエリーを日本で作るところが、あるかどうか…。

      お金に多少余裕があるうちに帰った方がいいのか、
      使い果たしてぎりぎりまでいた方がいいのか。

      または、もういっそのこと、今できる範囲で完全に本業として
      立ち上げてしまうか。
      いや、でも、もうあと1年か2年は、どこかでお金をちょっとでも
      もらいながら修行がしたい…。

      結論は、そう簡単に出ません。

      とりあえずは、滞在許可証がスムーズに更新されることを祈りつつ。

      8月中に、宿題(自分で決めた課題)をやりつつ、
      自分のコレクションを作りつつ、
      お友達から頂いているご注文分を作りつつ、
      頭を冷やしながら、あれこれ考えたいと思います。

      マーク先生、ガスパール、どうもありがとう。
      コメ・ニコラは、これからも頑張ります。


      スタージュ5 | comments(3) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        Posted by   at 2007/07/21 12:24 PM
        もう2年なんですね...
        うーん、でも日本でアクセサリーやジュエリー見てて「すてきだなぁ」と思うと、やっぱりフランスをはじめとする海外物なんだよなぁ...なんか、国内のものとは洗練度が違うっていうかなんというか。素材の使い方の大胆さとかにも差があるんですよね。
        まぁ、身体を少し休めつつ、じっくり検討してみてくださいませ。
        Posted by mami  at 2007/07/21 7:13 PM
        もう2年なんですね!先が見えない時って不安でいっぱいですがそういう時こそ可能性が潜んでいる気がしますっ私の言えた事ではないですが私はパリで頑張り続けて頂けたら…と思います!日本ではせっかくの可能性や広がりが狭まってしまう気がするので…頑張って下さい!!
        Posted by コメ・ニコラ  at 2007/07/22 2:07 AM
        えーと、お名前がわからない方と、mamiさん、ありがとうございます。

        そうなんですよね。結局それは歴史の差でもあるように思います。ジュエリーは日本では明治維新以降に始まったもの。それまでの刀や装飾品や金工などから、ジュエリーに技術を応用して作られたんですね。もちろん、ヨーロッパの作り方も入って来ているのですが。なので、やっぱり考え方が違うのではないかと…。今の市場で求められているものも違いますし。ジュエリーの付け方も全然違うし。あらかじめそういうことをわかった上で、ヨーロッパを選んだわけではないのですが。

        mamiさん、そうなんです。もう2年なんです。もともと1年の予定で来たのですが、何だかんだとここまでいてしまいました。それ自体がものすごく贅沢なことであり、この先このままの身分でいるのは(学生ということです)さらにさらに贅沢なことでもあり…。やっぱり、現実問題、厳しいことではあります。しばらく考えますね。ありがとうございます。

        COMMENT FORM