パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -
    << スタージュって…。 | あぁギリギリ。 >>

    プチ日本語レッスン

    0
      ほんとーに時間がないので、ちょっとだけ。

      今マーク先生のアトリエでスタージュをしているのですが、
      いよいよライオンが鋳造所に出されました!
      明日、シルバーになって帰ってくる予定です。
      そこからさらに細工して、型を取って、ゴールドに鋳造と相成ります。

      楽しみです!

      ところで、マーク先生が書類仕事とか、来客とか、
      またはランチとかで席をはずしている間は、
      スタジェールのギャスパール(彼はマーク先生のところに
      ほぼ就職が決まってます)と二人だけ。
      で、コメ・ニコラにプチフランス語レッスンと
      なっていたのですが。
      最近はギャスパールが日本語に興味をしめして、
      プチ日本語レッスンが繰り広げられてます。

      昨日は突然「j'ai faimって日本語で何て言うの?」
      と聞かれたコメ・ニコラ。うーん、「おながすきました」かな。
      それを繰り返すギャスパール。
      「が」ってなに?「ました」ってなに?
      じゃぁ、疑問文にすると?否定形では?
      などなどさらに質問が。
      でも何で、今の状態を説明するのに、過去形なんだろ?日本語。
      しかも、活用も意外にめんどくさいじゃないですか!

      さらに、「じゃ、je fumes.は?」「僕はたばこをすいます」かな。
      実は、どっちのフレーズも、フランス語の方がはるかに単純で簡単な
      構造をしています。
      日本語って…もしかして、面倒!?

      いざきかれるとあやふやな日本語の文法を、
      フランス語に訳せるわけもなく。

      それにしても、上達の早いギャスパール。さすが18歳!
      今日はさらに数字の数え方。
      10までの数字をあっという間に覚え、さらに二桁の言い回しまで。
      でも、フランス語よりも日本語の方が、数字は簡単。

      「un poisson」は?
      げ。でた。
      それはね、「1ぴきのさかな」
      これは大変。何で「いち」だったのが「いっ」「ぴき」になるのか、
      なぜ「の」が必要なのか。
      発音も、理由も、説明するのが大変。

      こうしてみると、大変だ、大変だと思っていたフランス語の方が
      実は構造としては単純だったのかも…と思うコメ・ニコラ。
      日本語を習う外国人の人達は大変だぁ。
      文法なんて考えずに、日本語を喋れることに、感謝。

      フランス語ももっと頑張ろうっと。


      スタージュ5 | comments(0) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM