パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

<< でもイタリアが優勝したんだもん。 | スタージュ、始まりました。 >>

ジダンの発言。

0
    眠いんです…。ワールドカップが終わって力が抜けちゃったらしい
    コメ・ニコラ。そんなわけで、短く書きますね。

    決勝戦の翌日のエキップの表紙のタイトルは「永遠の後悔」
    だったわけですが。

    今日の夕方のニュースで、そこだけがちゃんと耳に入ったのですが。
    ジダンは頭突きをしたことに対して、後悔していないと言ったそうです…。

    その後、別なニュースで、カナルプリュスのジダン独占インタビューを
    放送していたのをちらっと見たのですが。
    「悪いのは侮辱したマテラッツィだ。頭突きに関しては後悔していない」
    というような内容のことをはっきり言ってました。

    えーと、あの、その。

    こんなことをしたら、一生の恥、と思ったコメ・ニコラの思考回路は
    極めて日本的だったということでしょうか!?
    新聞に書いてあったような後悔を、彼は全くしていないということ?
    それとも、そういう風に言え、と誰かにアドヴァイスorコントロール
    されたとか!??

    これって、去年のパリ郊外の暴動を思い出します。
    サルコジの「お前らはゴミだ」発言から端を発した暴動。
    自分のおかれた環境(平均的失業率よりはるかに高い20%とか、
    収入の低さ)と、それを侮辱したサルコジに対する怒り。
    それを、車を燃やしたり、商店を襲ったり、ということで
    爆発させたのと、似ていないか!?

    子供達が学校でサッカーをしていて、
    頭突きしてレッドカードをもらうのを見ても、
    ジダンは侮辱した奴が悪いからいいんだ、
    と言うのだろうか。

    彼は自分のしたこと、自分の発言の社会的影響力を
    良くわかっていないのかもしれない、と思うコメ・ニコラ。

    マテラッツィが悪いのは、よくわかった。
    彼が汚い奴だというのは、よくわかったけど。

    ジダンを尊敬していたコメ・ニコラは、
    この気持ちをどう処理していいのかよくわかりません。

    おやすみなさい。

    人気blogランキングへ!クリックをお願いします♪
    留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU

    フランスのホテル予約
    ワールドカップ2006 | comments(8) | trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      - | - | -

      COMMENTS

      Posted by yass  at 2006/07/13 2:43 PM
      うーん・・・居直ってしまうのもどうかと思いますね(汗
      そこらへんはもうあまり何も言わない方が良い気がしますね。
      せっかくの一流プレイヤーの株が下がるだけな気もしますしね。
      マテラッツィが侮辱したのが本当であれば、誰だって
      彼が悪いとは見るハズです。ヒドすぎだよな、と。
      でも、それと頭突きはまた別問題で。
      ヤラれたからヤリ返したんだ、何が悪い?みたいなのでは
      チョット短絡すぎですしね・・・。
      せめて、カッとなってああやった行為に出たこと事態は
      本当に申しワケ無いし、大事な試合だと承知してたけれど、
      どうしても我慢出来なかったんだ、くらいにコメントしてれば
      「あぁ、そうだよな、仕方がないかもな、人間だもんな」で
      終わってたかもしれないし・・・。

      ちょっと例えはおかしいけれど、
      交通事故で、信号無視してツッコんで来た車があったとして、
      「危ないやないかー!」って、出てきた運転手をいきなり殴りつけたら、
      それはもう、かえって殴ったヤツの方が悪くなっちゃうと思うんですね。
      で、法的にはそうなった場合、事故は事故、殴打は殴打で
      結局処分されることになると思うんですけどね・・・。
      Posted by いまいちゃん  at 2006/07/14 11:48 PM
      うーん、難しい問題ですが。。。。
      確かに頭突きはいかんなーとは思うのですが。

      自分の出生とか家族とか、馬鹿にされたことないからなー。有名になってからはともかく、今までの人生で人種偏見もあったのかもしれないし、「お前の母ちゃんでべそー」と言われたのとは全然次元が違う訳ですよね(なんて話してる私は馬鹿です)。
      人生賭けて世に問うたのかもしれないなーなんて思ったりします。最後の試合なのに、なんかミソ付いちゃって残念ですね。

      マテラッツィの品格の無さも酷いもんですね。彼の態度こそイタリア勝利にミソ付けまくりです。


      Posted by コメ・ニコラ  at 2006/07/15 1:33 AM
      yassさん、いまいちゃん、ありがとうございます。

      yassさーん、そうなんですよ。そうそう。侮辱と頭突きは別問題なんですよねー。それをイコールにしたジダンはやっぱり…。

      いまいちゃーん、日本人として日本にいると、人種差別って感じないですもんねぇ。ここでは、色々あるですよー。マテラッツィはFIFAに呼ばれてますねぇ。さてさて、どうなることやら。
      Posted by yass  at 2006/07/15 9:10 AM
      おはようございます(^-^;)。
      あ、でも後日談なんですが、ジダンのインタビューが
      ノンカットで放送されてたんで見たんですよね。
      そしたら、それほど彼に反感を抱くような感じではなかったですね(汗)。
      頭突きして退場食らったのを正当化するつもりはとりあえず無さそうで。
      それよりも、何だかキッカケを生んだマテラッツィがやたら悪者にされたりとか、
      両選手の親がでしゃばってきてるのを喜んで報道するマスコミだとか、
      そっちの方が見ていて辛いというか、腹立たしく思えるというか。
      妙にジダンを擁護?するのもおかしいし、何はともあれ
      優勝したのは間違いなくイタリアであって、イタリアは別に
      ラッキーなだけで優勝したワケでも、ジダンが退場したから優勝したワケでも
      何でも無いのにな、って思うんですよね。
      サッカーは1人でプレイする競技じゃないってのに(汗)。
      もし本当にジダンが退場したのを理由に敗戦したんだったら、
      フランスは最悪チームってことになっちゃうと思うんですが(^-^;)。
      Posted by cotune  at 2006/07/16 12:19 AM
      侮辱した方も悪いけど、頭突きもいけませんよね。

      でも何より可哀想なのはマテラッツィによって
      イタリアの勝利にケチがついたことですよね。

      例えフランスが勝っても今度はジダンによって
      フランスの勝利にケチがつくわけで・・・。

      両国にとって残念な試合だと思います。
      Posted by コメ・ニコラ  at 2006/07/16 5:12 AM
      yassさん、cotuneさん、ありがとうございます。

      yassさんは、ノーカットでご覧になったんですね。ふむふむなるほど。私は例の後悔してない発言のちょっと前あたりからしか見てなかったんですよね。ニュースで。しかし、この頭突きがジダンではなくて、下っ端(失礼)のプレーヤーだったらまだ騒ぎはこれほど大きくならなかったと思うんですけどねぇ…。

      cotuneさん。えーと、その、コメ・ニコラ的には、イタリアがチャンピオンになった万々歳の試合だったので、ジダンとマテラッツィのことより、やっぱり嬉しいことではあります。ただ、2006年のワールドカップを振り返る度に、みんながこの一件を思い出すんですよね。
      Posted by yass  at 2006/07/16 1:42 PM
      マスコミは面白いことが最優先なんで、
      おもしろおかしく編集しちゃいますもんね。<映像
      ジダンの頭突きに関してはボクは正直イヤですが、
      彼のコメントは、相応だったと思いましたよ。
      別にイタリア優勝にケチもつけるワケでもないし、
      自身の頭突きは正当化してないし、謝罪もしてたんで。

      ただ、これをキッカケに選手の親がワケわかんないこと言うたり、
      コレのせいでフランスは負けたとかアホな発言を繰り返す
      チンプンカンプンな連中が無責任すぎというか・・・。
      残念ですよね。イタリア勝利は明白な事実なのに。
      Posted by コメ・ニコラ  at 2006/07/17 10:47 PM
      yassさん、ありがとうございます。

      なるほど、なるほど。ジダンはきちんとした対応をしていたんですね。それはよかったです。
      今度はマテラッツィが標的になっているみたいですね。ガードマンをつけるとか。
      サッカーはゲームだし、ある意味それ以上でもそれ以下でもないはずなのに、色々ありますね。やはり人々が注目しているし、影響力もそれだけ大きいということなんですね。
      ユヴェントスやラツィオに対する、不正事件の裁定が出たみたいですね。ユヴェントスはセリエBで勝ち点マイナス30からのスタートとか…。ワールドカップでの活躍も、ここまでは及ばなかったということでしょうか。厳しい判決です。
      たかがサッカー、されどサッカー…ですね。

      COMMENT FORM




       

       

      TRACKBACK

      Trackback url: