パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    今年もモンドール

    0
      JUGEMテーマ:グルメ
       
      何だか忙しいコメ・ニコラです。

      途中、ちょっぴり体調を崩して、ぼんやりしていたこともありました。
      風邪をひいたのか、微熱を出して、
      脂っこい物をうけつけなくなってしまったのです。
      最近、ピエールがご飯を作る方が多いのですが、
      そうなると困る、困るのです。
      ピエールが作るご飯は、バターやらお肉やらを使うので、
      胃にあまりやさしくない。

      そんなわけで、週末のマルシェで今年初のモンドールをみつけた時は、
      二人で大喜びだったのですが、
      食べるのは延び延びになって、週半ばに。
      (と言っても、もう10日ぐらい前のことですが)

      このブログにモンドールが登場するのも何度めでしょう。
      秋から春になるちょっと手前までしか食べられない、
      季節限定のチーズ。
      そのまま食べても美味しいですが、
      ポテトと一緒にとろりんと、溶かして食べるのもまた
      とっても美味しい。

      ピエールはコメ・ニコラに気を使って、あまりバターを使わず、
      しかもモンドールが溶けたか溶けないかのところで火を止めました。



      うんまーい。
      やっぱりうんまーいよね、モンドール。
      もちろん、ポテトはラットで。
      コメ・ニコラは時々、ピエールを「じゃがいもの王様」と呼びます。
      じゃがいもを、ほっくりぽっくり、美味しく料理してくれるので。
      義理の姉クロードも、ピエールにはかなわない。
      フランス人は、じゃがいもの消費量が多いのですが
      (2012年度の数字では、一人あたり年間15キロ)
      ぜひこのままピエールには、美味しいじゃがいも料理を
      作り続けていただきたい…、と思うコメ・ニコラです。

                                                 

      Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
      コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

      ユーフォニーさんで、コメ・ニコラのリングを販売していただいてます♪

      twitterほぼ毎日何かしらつぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

      twilogも始めまし た。
      twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

      ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

      フランス家庭料理 | comments(4) | -