パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

chez Paul ならぬ chez Pierre(2)

0
    JUGEMテーマ:グルメ
     
    ちなみに、パソコンがウィルス感染したのを機に、
    新しいパソコンを使い始めました。
    すでに買ってあったのですが、あまり使っていなかったのです。
    今までWINDOWS XPだったのが、一気にWINDOWS7に。
    ところが、これになってから、日本語入力が時々できなくなります。
    元々フランス仕様だったところに、無理やり日本語を使えるようにしているから?
    でもXPではそんな問題はなかったのに…。
    というわけで、ブログを書きながらも、時々パソコンを再起動させねばならず
    やや厄介です。

    さて、ピエールご飯の続きです。

    ピエールは、このレシピ本を使っています。
    ↓これは同じ本の英語バージョン。日本でも買えるようになったんですね。
    365日季節ごとの素材を使った、前菜、メイン、デザートなどが載っています。
    材料さえそろえば、作り方は簡単で、しかも「え!この材料でこんな味になるの」
    と驚くような美味しさです。作者は元々レストランのシェフです。



    さて、これを見て挑戦したのが、ジゴ・ダニヨ=子羊の腿肉です。

    マルシェに行って、お肉屋さんでジゴを買います。
    ↓上につるされているのが、ジゴ。


    ハラハラしているコメ・ニコラの横で、左のほぼ2キロのジゴ、34.36ユーロを
    購入するピエール。


    マルシェでは毎度、コメ・ニコラとピエールのハラハラ・バトルが繰り広げられます。
    特に魚屋さんでは、「えーっ」と眉を曇らせるコメ・ニコラの様子をうかがいつつ、
    ちょっと高めの食材に手を出すピエール。
    いや、支払うのはピエールだからいいんだけど。よくないけど。

    さて、ジゴ・ダニヨですが、お鍋に入れて、さらにそのお鍋をオーブンに入れて
    7時間かけるというレシピ。
    (けちけちコメ・ニコラは、電気代まで心配しちゃう)
    手間自体は、それほど大したことがないのですが、時間はかかるねぇ。

    というわけで、その結果。



    美味しかったけど、うーんちょっと想像していたのとは違ったかも。
    もっとロティ(焼くタイプ)みたいになると思っていたんだけど。
    でもピエールには「とっても美味しいよ!」と言っておくコメ・ニコラ。
    将来日本語が読めるようになった時、このページにたどりつきませんように…。

                                                 

    ユーフォニーさんで、コメ・ニコラのリングを販売していただいてます♪

    twitterほぼ毎日何かしらつぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

    twilogも始めまし た。
    twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

    ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

    ピエール | comments(0) | -