パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    あぁギリギリ。

    0
      今日もほんのちょっとだけ〜。

      今日はギャスパールに、私ブログにギャスパールのこと
      書いちゃった、と言ったら早速マーク先生のパソコンでこの
      ブログを開くことに…。
      何と、文字化けせずにちゃんと日本語で表示されてる!
      しかもWINDOWSなのに!?
      もしかして、日本製のパソコンだったのかしらん。

      というわけで、ギャスパールに何て書いてあるの?
      と聞かれて訳してあげました。

      で、家にかえったら例の試験の詳細が。さて。

      うわー。やっぱり、ぎりぎりー。
      っていうか実技は半分未満ー。
      よくこれで受かったなぁと思うコメ・ニコラ。
      やっぱり運がいい、としか言いようがありません。

      ちなみに、フランスは20点満点ですが、
      「ジュエリーに関する美術史&技術についての記述問題」は13.5点。
      「実技(デッサン、マケット、メタル全て含む)」は9点。
      「スタージュのレポート」は12点。
      ちなみに、それぞれ3倍、5倍、2倍にして合計109.5点。
      平均?10.95で、合格の10点にギリギリで乗りました!
      去年のCAPも笑っちゃうぐらい、ギリギリだったけど、
      実技は10点取れてました(汗)

      スタージュのレポートは、みんなが
      最低でも12点は取れる、と話していたので、それですね。

      まぁでも、筆記で13.5点も取れるなんて、これは我ながら立派ですが。
      記号で答えるのはほとんどなくて、それぞれコメントが求められる試験。
      前日にちらっと見ていたところが出たり、
      得意なアール・ヌーヴォーについての詳細を
      書かせる問題が出ていたりしたので、まぁ何となく書けたかなぁという
      実感はあったのですが。
      これができていなかったら、受かってなかった!

      実技は、まとめて9点なので、それぞれの詳細が知りたかったです。
      デザイン画は、相当よくなかったと思われ。
      でも、その他は何がどうだったんでしょう。

      あぁそれにしても、もっと勉強せい!ってことですね。
      謙虚に受け止めたいと思います。

      ほんとそれにしても、やっぱりコメ・ニコラって運がいい!
      いつもながらに、マイ神様に感謝です。


      MC | comments(2) | -