パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    昨日のはピアスだった!

    0
      コメ・ニコラ、今にも目がくっつきそうなので、
      ほんとにちょっとだけ。

      スタージュ4日目ですが、
      実は昨日作っていた直径1センチの球というのは、
      お客さまのピアスにする片割れでした!

      今朝行ったら、「もう1個作って。15時がどうのこうの」
      と、ステファン氏に言われて、慌ててもう1個作ったのですが。

      焦っているとうまくいかず。昨日の方がきれいにできたと思いつつ。

      今日で最後の人がいたので、お昼休みちょっと前にシャンペンを
      みんなで頂き、通常は1時間も取らない昼休みも、みんなでご飯に行って
      1時間半もとり、気付いたら既に2時半。

      そこから慌てて、球をロウ付けし、穴をあけ、そこにピアスの軸をさらに
      ロウ付けして、その先を担当してくれるカルラに渡します。
      (カルラが今日で終わりの人)

      彼女が結構、細かいポイントを教えてくれて、ものすごく勉強になりました。
      あぁ、最後の最後まで、どうもありがとう。

      で、お客さまはもう3時半ぐらいにはいらっしゃっていて、
      もう片方の上がりを待っていらっしゃる様子。

      カルラが慌てて磨いていると、ロウ付けをやり残した穴が発見され、
      レーザーで修正。さらに磨き。3時45分にやっと、お客さまにお渡し
      することができました。
      (カルラは、よくあることなの。心配しないで、と言ってくれました)

      あーー、ドキドキでした。ハラハラでした。

      そして、こういう形でお客さまに買って頂いたのは、初めてであり。
      何だかちょっとだけ自信になりました。

      っていうか、ステファン氏の言う「15時まで」の意味が、
      正確にはわかっていなかったコメ・ニコラでした。
      だったら、あんなにゆっくりお昼を食べていなかったのに…。
      要フランス語注意、でございます。


      スタージュ3 | comments(0) | -