パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | -

    ジダンの発言。

    0
      眠いんです…。ワールドカップが終わって力が抜けちゃったらしい
      コメ・ニコラ。そんなわけで、短く書きますね。

      決勝戦の翌日のエキップの表紙のタイトルは「永遠の後悔」
      だったわけですが。

      今日の夕方のニュースで、そこだけがちゃんと耳に入ったのですが。
      ジダンは頭突きをしたことに対して、後悔していないと言ったそうです…。

      その後、別なニュースで、カナルプリュスのジダン独占インタビューを
      放送していたのをちらっと見たのですが。
      「悪いのは侮辱したマテラッツィだ。頭突きに関しては後悔していない」
      というような内容のことをはっきり言ってました。

      えーと、あの、その。

      こんなことをしたら、一生の恥、と思ったコメ・ニコラの思考回路は
      極めて日本的だったということでしょうか!?
      新聞に書いてあったような後悔を、彼は全くしていないということ?
      それとも、そういう風に言え、と誰かにアドヴァイスorコントロール
      されたとか!??

      これって、去年のパリ郊外の暴動を思い出します。
      サルコジの「お前らはゴミだ」発言から端を発した暴動。
      自分のおかれた環境(平均的失業率よりはるかに高い20%とか、
      収入の低さ)と、それを侮辱したサルコジに対する怒り。
      それを、車を燃やしたり、商店を襲ったり、ということで
      爆発させたのと、似ていないか!?

      子供達が学校でサッカーをしていて、
      頭突きしてレッドカードをもらうのを見ても、
      ジダンは侮辱した奴が悪いからいいんだ、
      と言うのだろうか。

      彼は自分のしたこと、自分の発言の社会的影響力を
      良くわかっていないのかもしれない、と思うコメ・ニコラ。

      マテラッツィが悪いのは、よくわかった。
      彼が汚い奴だというのは、よくわかったけど。

      ジダンを尊敬していたコメ・ニコラは、
      この気持ちをどう処理していいのかよくわかりません。

      おやすみなさい。

      人気blogランキングへ!クリックをお願いします♪
      留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU

      フランスのホテル予約
      ワールドカップ2006 | comments(8) | trackbacks(0)