パリで人生ステップアップ!

某有名百貨店で広告を担当していたコメ・ニコラ。19年と10か月勤めた会社をやめて、アクセサリーブランド立ち上げを決意。まずは「ヨーロッパ1と言われる」、パリにあるジュエリーの学校BJO FORMATIONで2005年9月から2010年1月まで腕を磨きました。フランスに滞在して早くも8年目。ピエールと2008年9月にPACSした後、2010年6月に結婚しました。日々ジュエリーを作りつつ、ピエールとフランスで頑張るコメ・ニコラのブログです。

引越しその後

0

    あぁもう4ヶ月もブログを更新しないとか

    あり得ないですよね。すみません。

    引越してから、毎日があっと言う間に過ぎて行きます。


    3ヶ月経って、ようやく落ち着いて来たところですが、

    昨日も湯沸かしからの水漏れがあり、

    ワタワタしておりました。


    フランスの場合、新築を買うことの方がマレで

    大体が中古を買います。


    ピエール&コメ・ニコラが買った家は

    前の若い家主カップルが7〜8年、住みながら

    あちこちブリコラージュした物件です。

    まぁ、あちこち「いい加減」に工事したとこだらけで

    これからボチボチ直して行かないとなりません。


    ただ、ここは最寄り駅にも徒歩5分、

    パリまでも電車で40分、

    徒歩5分圏内に商店街、郵便局などもあって

    暮らすのにはなかなか便利。

    小さいお庭もあるし、何より静かなので

    二人とも気に入っています。


    前のアパルトマンで上階の隣人の騒音で

    本当に辛い思いをしただけに、まぁ言ってみれば

    天国のようなものです。


    パリに出るのもちょっと時間はかかるけれど、

    それを我慢しても、十分お釣りが来るぐらい。


    ともあれ、これから何年かかけて

    ゆっくり直しながら住むことになります。


    まずは、湯沸かしからスタートだ…。

    トホホ。


    まぁこの先、あまり巨大な修繕がないことを

    祈りたいコメ・ニコラです。

    - | comments(0) | -

    ぎっくり腰

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      再び、ブログの更新が滞っていてすみません。

       

      7月の引越しを前にして、展示販売会が2個あって

      それまでにある程度荷造りをしてしまわなければ…と頑張っていたところで

      ぎっくり腰になりました。

       

      あぁ、久しぶりではあるけれど、何度目だろう…。

      前回からは1年ぐらい間があったわけですが。

      最近は、「自力整体」もサボり気味であったし、忙しかったし…ですが

      何もこんな時にならなくてもと思うコメ・ニコラ。

       

      展示販売会の3週間前ぐらいのことだったのですが、

      普通2週間ぐらいで治るところがすっきりしませんでした。

      まぁ、ぎっくり腰の後はしばらく安静にしていなければならいのですが、

      そんな暇もなく、コルセット巻きながら仕事していれば

      治るものも治らないだろうと思うのですが。

       

      案の定、展示販売会の最中に再度、軽いぎっくり腰を再発し、

      再びコルセット生活へ突入…。

       

      お客様に教えて頂いた整体の先生にコンタクトするも、

      予約ができたのは7月末…。そんなに先では、残念ですが待っていられません。

       

      というわけで、Arts et Metiersの駅近くにある、中国系のマッサージに行きました。

      以前、頭痛がひどかった時に行ってすっきりしたので、今回も何とか…と

      藁にもすがる思い。

       

      これこれこうで、と説明すると、「リラックスしないと!休まないと!」

      と、言われました。

      そこでハタと思うに、ぎっくり腰で2〜3日休んだ以外で、

      最後に休んだのはいつだったか思い出せない。

      土日も常に何かしているし、1日のんびりしたという日は一体…。

       

      それはともかく、ここのマッサージは痛い。

      頭のてっぺんから足の先まで、ごしごしこすりまくって、ぎゅーぎゅー押しまくって

      ツボというツボを刺激しまくって、そこまでせんでも〜というぐらい痛い。

      こめかみを押されている時は、頭蓋骨に穴があくのではないかと思うぐらいぎゅーぎゅー。

      悲鳴を上げても、容赦なし。

      カッピングも4箇所ほどされて、腰の部分が後で真紫になっていました。

       

      終わった後は、体が軽〜くなっていて、腰も痛くなくなっていました。

      翌日のもみ返しも、思ったほどではなく。

       

      ちなみに本当は20〜30分で30€なのですが、45分ぐらいかかってました。

      最後に、リラックスする漢方というやつを勧められたので、

      6.5€だったから残業代と思って買いましたよ。

      効果があるのか無いのか、よくわからない代物ではありましたが。

       

      で、ぎっくり腰は…というと、翌々日ぐらいから元に戻ってしまったようで

      根本的には治っていないというのが正直なところ。

       

      仕方なく、ネットで情報を探しまして、要は体が凝り固まっているから

      ある時固まっているところを無理に動かして痛める、

      ということなのかと納得。

      仕事していると、どうしても同じ姿勢で延々と作業をしがち。

      なので、もう15分毎に立ち上がって歩いたり、伸びをしたり。

      1時間に1回はストレッチしたり。

      夜はお灸をしてみたり。

       

      ストレッチも、固まってるところにストレッチして大丈夫なのか…とは思うけれど

      何とか少しずつ続けています。

      まだちょっと違和感があって、やや不安はありますが、仕方がない。

      ぐきっと行ってしまわないように注意しつつ、でも仕事は深夜まで。

       

      そして、ジャパンエキスポは今週の木曜日から日曜日までです。

      その3日後には「第一次引越し」。

      この話は長くなるので、また改めて。

       

      日本のスタミナドリンクが懐かしいコメ・ニコラです。

       

                                                                                     

      -> Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
      コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

      twitter時々つぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

      twilogも始めまし た。
      twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

      ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

      健康 | comments(0) | -

      大統領選について思うこと。

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        今日は大統領選挙の2度目の投票日で、今日の20時には誰が次の大統領になるか決まります。

         

        コメ・ニコラがフランスに来てから、大統領選挙はこれで3回目。

        その度に色々思うわけですが、今回はやっぱりハラハラしました。

         

        1度目は2007年。

        2005年にコメ・ニコラがフランスに来た時は、シラク大統領で移民にはさほど厳しくなかった。

        ただ、その当時内相だったニコラ・サルコジはかなりしめつける政策を取っていたので、

        彼が大統領になったらどんなことになるかと、ひやひやしたのでした。

        当時友人が、内相と大統領は違うし、彼が大統領になったとしてもそればかりをやるわけではないから

        あまり問題無いだろうと言っていたのですが、まぁ確かにその通りでした。

        その頃は、二大政党がまだしっかりしていたので、極右についてはまぁ心配することもなかったのです。

         

        2度目は2012年。

        サルコジ対オランド

        サルコジが思ったほどの成果を上げられていなかったところで、

        社会党のオランドに好機となった選挙。

        対決討論会での「もし私が大統領だったら…!」というくだりが功を奏して

        オランド大統領が誕生。

        右がだめでも、左なら、とまだ多くの人が希望を持っていた時でした。

        けれど、ピエールは、フランスは巨艦と同じで急に方向を変えられない。

        左になっても大して進路は変わらないだろうと言っていたのですが

        まさにその通りになりました。

         

        フランスの景気は上向かず、失業率は高止まりしたまま。

        (全体で10%超え、25歳以下の若年層で25%)

        おまけに、テロは起こり、さらに中東の情勢不安から移民が増え…という状況。

         

        そんな中での2017年の大統領選挙でした。

         

        今までの流れ&共和党(右派)の金と権力への渇望が見え見えな状況から、

        二大政党が失速したのは、無理もないこと。

        今回は、それ以外の候補者から誰が抜きん出るか…の戦いでした。

         

        コメ・ニコラが移民&小規模事業者の立場から危惧していたのは、

        FN国民戦線が政権を取ること。

         

        国民戦線は、マリーヌ・ルペンに党首が変わってから

        じわじわと支持者を増やしてきていますが、

        表向きの顔をソフトにしただけで、実情は変わらない、根はファシストと

        コメ・ニコラは見ています。

        支持者には、ネオナチ活動者なども含まれていて、

        元々の政策を大衆に向けてとっつき易いように言い換えているだけ、に見えます。

        TMCの「コチディアン」という毎日放送されている政治をメインにした報道番組があり

        ピエールとコメ・ニコラはほぼ毎日のように見ているのですが、

        そこで暴かれるFNの実情はひどい。

        それをFNもわかっているから、今回の大統領選では、

        コチディアンは集会から締め出しをくらっていました。

         

        去年の5月は、FNの集会を撮影していたこの番組のチームのテレビ班の

        音声マイクやカメラを傘で攻撃するFNの一員がいたのですが、

        今年はFNに第一回目に投票した一般人に、

        インタビュアーがカバンで叩かれるという目にあってました。

        まぁ、何というか、この政党に対して、この支持者あり…という感じ。

         

        FNの支持者は、若い人達にも、パリ郊外にも広がっています。

        ちなみに、ピエールの姉一族はFN支持者です。

        姉のだんな曰く「外国人でも働いていればいいが、イスラム教信者は不可」とのこと。

        彼は、とある工場で働いていたのですが、工場閉鎖で失業し、

        その後不動産業で独立したのですが、ほとんど家が売れず、

        ピエール姉の少ない給料に頼っています。

        そんな状況に甘んじなければならないのは、政治のせい、外国人のせい、

        な訳です。

        おまけに、外国から移民として来た人々が、自分達が払った税金を

        「手当て」として支給されるなんて許されざること。

         

        確かに、フランスは人件費が高い。税金が高い。

        人を雇うためには、給料の倍を会社が払わなければならず、

        生産を人権費が安い外国に持って行こうと思う企業が多い。

        国民は失業率も高く、給料は安いから、国内で生産された高い商品よりも、

        外国で製造された安い商品を買う。

        そして産業の空洞化が広がっていくのです。

         

        最近はフランス製製品に脚光を当てよう、誇りを持とう、

        という動きが活発化していて、何とかフランスの産業を盛り立てようとしています。

        その辺りに脚光を当てているのがマクロンの政策のひとつ。

         

        ともあれ、FNのマリーヌ・ルペンはフランス人のこの鬱憤を武器に

        権力の座につこうと虎視眈々と狙っているわけです。

        そして、今回実際にかなり得票率を伸ばしてきていて、

        コメ・ニコラとしても冷や冷やしていたのですが。

         

        それにしても、対決討論会はひどかった。

         

        マリーヌ・ルペンは、既存の政治、政党ではだめだ、EUから出ないと、

        移民は締め出さないと、と言う以外に大して政策が無いわけです。

        ポピュリストの面目躍如。

        マクロンをただ単に攻撃するばかり。

        もう少しちゃんとした討論になるかと思っていたのですが、全然でした。

        ギャーギャー叫ぶばかりのマリーヌ・ルペンに、もう30分で根を上げた

        ピエール&コメ・ニコラは討論会は全部見るのをあきらめました。

        まぁある意味、これでマリーヌ・ルペンが大統領に選ばれることも無いよね、

        と胸をなでおろすことにもなったわけですが。

         

        今回はきっと、マクロンが大統領に選ばれることでしょう。

        (あと3時間半ほどで結果がわかる)

         

        ですが、もしマクロンが、議会に基盤も無い中で

        さした結果が出せなかったら…。

        きっと5年後の次の大統領選挙では「ほら見たことか」とばかり、

        FN大躍進となることでしょう。

         

        少しでもフランスの景気が上向き、失業率が下がって、

        テロもなくなるように祈るばかりです。

         

                                                                                       

        -> Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
        コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

        twitter時々つぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

        twilogも始めまし た。
        twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

        ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

        フランスのこと | comments(0) | -

        さよならキャナルプリュス

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          今まで998件のブログを書いていたそうですよ。

          となるとこれが999件目のブログです。

          我ながら驚く数です。

           

          さて、キャナルプリュスですが。

          キャナルプリュスは、ケーブルテレビのように有料の放送局です。

          そもそも、ピエールとコメ・ニコラが加入したのは、サッカーを見るためでした。

          ヨーロッパカップのパリサンジェルマンの試合を見るためです。

          ちなみに、ヨーロッパカップに限らず、リーグ試合にしても

          サッカーはほとんど放映されません。

          フランスチームの国際試合は放送されますが。

           

          以前、バルサとパリの試合を見に、わざわざカフェに行ったりして

          そうすると食事をしなければならず、毎回こうしてカフェに行くぐらいなら

          キャナルプリュスに加入してしまおうとなったわけです。

           

          が。

          去年から、ビーインスポーツにヨーロッパカップの試合が買われてしまって、

          全部は見られなくなってしまいました。

          うーん、何のためにキャナルプリュスに支払い続けているのか。

           

          でも、サッカーだけでなくて、キャナルプリュスオリジナルのドラマや、

          最新の映画が見られるし…ということで継続していたのですが。

          引越しにあたって、コストカットの槍玉に上がってしまいました。

          月に40€とか、やっぱり高すぎる。

          パリサンジェルマンの試合を全部見られるわけでもないのに(しつこい)。

           

          まぁそもそも、フランスのテレビは面白くないのですよ。

          日本みたいに楽しいドラマも滅多にない。

          アメリカの刑事物を流すぐらい。

          ピエールの口癖は「今晩のテレビは何を見る?」ですが。

          あまりに面白くないので、コメ・ニコラにはどれを見ても同じに思える。

           

          ですが、キャナルプリュスのオリジナルドラマはたまに大ヒットするのです。

          今月コメ・ニコラが見ていたのは「ヴェルサイユ」の2シーズン目。

          ぜひ上のリンクからHPに飛んで、写真だけでも見て頂きたいのですが。

          ルイ14世の28歳の頃のお話で、絢爛豪華、画策、策略、暗殺、毒殺、スパイに愛人…。

          俳優さん達がイギリス人(英語を話しているのですが、そこは吹き替え版にチェンジ)

          なので、逆に新鮮でどっぷりこの世界にはまれるのです。

          (フランス人俳優さんだと、この人アレに出てたよね、あの人は○○で主役だったよね

          など余計な情報が頭にちらついて没頭できないかと)

          幸い、今日でシーズン2の最終回なので、心置きなくキャナルプリュスを解約できます。

           

          ヴェルサイユのシーズン3は、DVDを買って見ようと思うコメ・ニコラです。

           

                                                     

          -> Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
          コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

          twitter時々つぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

          twilogも始めまし た。
          twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

          ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

          フランスのこと | comments(0) | -

          歯医者は日本に限る。

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            一日に2個もブログを更新しているコメ・ニコラです。

            そんなことなら、もっとマメに更新した方が…。

             

            で、歯医者です。

            あちこちにアポがあって大忙しなところに、もう一つアポが追加されました。

             

            そもそもの発端は、去年の7月に遡ります。

            1年に1度の検診のアポを入れたら、予約が10月初旬になりました。

            えーっ!、ですが、混んでいる歯医者&バカンスの時期が重なったので仕方がない

            とのこと。

             

            さて、10月に行きましたら、まぁ緊急ではありませんが治した方が良いです、

            というところがあったので、治療に…入りますが、11月末からとのこと。

            さらに、えーっ!なぜすぐに治療に入らないのか、良く理解できません。

             

            その10月と11月のアポの間に、別な歯が痛み始めました。

            11月末のアポに行って、かくかくしかじか、と説明すると

            「うーん、悪い時に痛くなったね。ノエルの前だから今から治療はできないね」

            というわけで、次回のアポは3月に!

            それまでに、我慢できないほど痛くなったら薬を飲みなさいと、処方箋を書いて終わり。

             

            その後、年が明けた1月に、痛かった歯の詰め物がぽろっと取れたのです!

            うわー、こりゃダメだ。

             

            というわけで、今まで行っていた歯医者ではラチがあかないので、

            その後のアポを全てキャンセルしてもらって、清算し

            (フランスでは、治療の最後にまとめてお金を払うのです)、

            別な歯医者にアポを入れました。

             

            別な歯医者はネットで探して予約。

            すぐ翌週にアポが取れました。

             

            取れた詰め物には穴が開いていて、そこから色々しみていたことが判明。

            神経を殺して、新たに被せ物をすることに。

            治療は計4回で終了。

            2月には終わりました。

             

            前のはちょっと歯の表面を覆う程度だったのに、

            今回のは、根元だけ残してあとはすっぽり銀歯で覆う形に

            (一番奥の歯だからよしとしました)。

            ちょっとやりすぎでは?日本の歯医者ならもっと小さく削って、

            歯を残すようにするだろうに…と思うわけですが

            自分で治療ができるわけではないので仕方がありません。

             

            が、その夜には、その被せ物が取れました。

            あり得ない!

             

            再び予約を取って、今度は前回よりもさらにたっぷりと接着剤をつけて終了。

             

            その一ヶ月後には、再び同じ被せ物が取れました。

            もう勘弁してほしい。

            このアポが詰まっているところにさらにアポを入れるなど…。

             

            というわけで今日行ってきたのですが、

            今回は接着剤を変えたそうです。

            「技術的には何の問題も無いのに、なぜかしら〜」

            (女医さんです)

             

            いや、きっと被せ物がきちんとできていなかったのですよ。

            隙間がありすぎなんですよ、と思うけれど、だまっていたコメ・ニコラ。

            これで390€とか、取りすぎなんじゃないかと思うわけですが。

            (一部は健康保険とミュチュエルから返金されます)

             

            日本では、被せ物をしたその日に落ちた、なんてことは起こらないし、

            1ヶ月で取れるなんてこともまず無い。

            しかも、この全部覆うという選択。

            日本よりも技術が劣っているのではと、しみじみ思うわけですが。

            すぐに予約が取れて、きちんと仕事してくれて、しかもフランスよりも安い、

            日本の歯医者さんに通いたいと、心の底から思うコメ・ニコラです。

             

                                                       

            -> Un Bouquet de Fleurs(アン・ブーケ・ドゥ・フルール)さんで、
            コメ・ニコラのペンダントを販売していただいています♪

            twitter時々つぶやいてます。 お気軽にフォローしてください♪

            twilogも始めまし た。
            twitterでのつぶやきがブログ形式でお読みいただけます。

            ←参加してます。応援の1日ワンクリック、お願いします♪

            フランスのこと | comments(6) | -